生活・雑貨

【必見】地震や津波の大震災から学ぶオススメの災害備蓄品|必要な量や数を教えます。

震災など、いざという時の備えはしていますか?
地震・火事・津波などの災害時には、必要なものとして食べ物・水だけでなく簡易トイレなどの防災グッズがあげられます。

以下のことが分からない方に、この記事を見て貰えればわかります!

  • どんな非常食など災害備蓄品を揃えればいいか
  • どれくらいの数・どれくらいの量が何日分で必要か

僕は、東日本大震災で2か月間ボランティア活動をしました。
またキャンプでサバイバル術を得ています。

そんな僕が行政機関や都庁の情報を参考に、オススメする災害備蓄品をリスト化しました。

備えあれば憂いなし!

どれくらいの数・どれくらいの量、何日分必要か

農林水産省の「緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド」に、指標となる量や日にちが書いてあります。

東日本大震災では混乱が続いたことで、食料は3日間調達できない地域がありました。

また電気は1週間水道は10日間も復旧にかかる地域がありました。

つまり最低でも3日間、できれば1週間分の食料備蓄が必要となります。

ただ、能登自信では1週間経ってもライフラインの復旧がすすんでいません。

地域の特色にあわせて、多めに用意しましょう。

世帯にあわせてシミュレーションができる

東京備蓄ナビ」にてシミュレーションすることができます。
実際に算出した想定は、夫婦と子供2人(中学生男子、小学生女子)の4人家族です。

東京での震災は復旧が早いのを想定しているためか、備蓄は3日分となっていますね。

各地域や年代によって、それ以上に備えるようにしましょう!

これだけは備えるべきもの

シミュレーションしても揃えられないよ!という方もいると思います。

これだけは最低限備えるべきものをピックアップしました。

基本的に食べ慣れたものをローリングストック(普段使いの買い置き)するのが理想です。

飲料水

1人につき最低でも1日1L必要です。
水炊きなどの調理するなら1日3Lは必要です。

ただ米を洗ったり、食器を洗うにはもっと水が必要となります。

皿にラップを巻いたり無洗米を使うことで、水の消費を抑えることもできますよ。

断水時にはトイレは直接水を入れても流れます(下水道が使えれば)。
これは飲める水でなくても良いため、震災時にはすぐにバスタブに水を貯めましょう。

炭水化物(米を中心に)

米は長期保存でき、水と熱源があれば簡単にエネルギー源となります。
米2kgで約27食分用意できます。

無洗米は洗うために水を使わないので、水の節約ができますね。

レトルトごはん・アルファ米・乾パン・カップ麺

created by Rinker
¥5,100
(2024/06/25 18:11:36時点 楽天市場調べ-詳細)

かさばりますが調理の手間が少ないです。
味の変化になりますし、少し多めに買っておきましょう。

オートミール

これは僕が朝食によく食べるものです(笑)
頑張ればそのまま食べれますし、熱を加えれば米化できるためかなり便利です。

収納スペースもとらないので、優秀なサブ炭水化物として使いまわせます。

タンパク質(缶詰、プロテイン)

保存が効かない生肉や鮮魚が手に入りにくいため、タンパク質が不足します。

缶詰

缶詰は長期保存が効きます。
ものによったら調理が必要なタイプ、缶切りが必要なタイプがあるので注意です。

プロテイン

収納よし・調理の手間なしで、意外と良い非常食ですよ。

1食で30gとすると、プロテイン1kgで33食分もまかなえます!

熱源(カセットコンロ、ガスボンベ)

調理には熱源が必要となります。
1週間と考えると、ガスボンベは7本以上の用意がいります。

ここに書いた食料は最低限のものとなります。

必要に応じて日持ちのする野菜や、レトルト食品など買い足しましょう。

あっても困らないもの

ポリタンク

水道の復旧までは備蓄の水と、支援用の給水が頼りです。

給水は持ち込みの容器に入れます。
各家庭につき一つの容器となれば、それなりの大きさが必要でしょう。

折りたたみのできるポリタンクが便利です。

簡易トイレ

トイレは直接水を注げば流れます。
しかし下水道が使えない場合、あふれるだけです。

男性ならおしっこは外でできても、女性ではそうはいきません。
衛生上や防臭のためにも簡易トイレを使いましょう。

ランプ、懐中電灯

電気か通るまで、夜は闇のみです。
闇夜は心細くなりますし、精神上よくありません。

懐中電灯は電池式もありますが、手回し式はどんな長時間でも使えて安心です。

また懐中電灯は一方向のみを照らします。
ランプは別途燃料が要りますが、部屋を照らせるだけでホッとしますよ。

【276】フュアハンド 軍隊も使うオイルランタン|開封時の注意点やオプションパーツも紹介ドイツ製で軍隊にも使われ、某キャンプYouTuberも愛用するオイルランタンがなぜ人気なのか紹介します! このランプと、パンとナイ...

ビタミン・ミネラルサプリ

災害時は肉や野菜を摂れないことで、ビタミンやミネラルが不足しがちです。

ビタミンB1はエネルギー生産に関わり、特に補充が必要となってきます。
また子供はビタミンA,B2等が不足すると、成長障害になります。

スマホバッテリー

スマホは個人の安否確認に必要となります。
スマホで現状を周りに伝えたり、ライトとしても活用できるため充電切れは避けたいですね。

電池式もしくはソーラー式を選びましょう。

ラジオ

電波塔の不具合でネットの通信障害が考えられます。

正確な情報や安全確保のためにもあると便利です。
人の声を聞くだけで安心できますよ。

生活用品・生理用品

歯ブラシやウェットシート、トイレットペーパーなど、普段使いのものは多めに買っておきましょう。

コンタクト保存液や生理用品は、見落としがちなのでお忘れなく。
簡易さを考えて、口内洗浄液や1dayコンタクトレンズでも良いかもしれません。

救急セット

医療機関が利用できないことも考えられます。

受傷により破傷風になる可能性があります。
消毒など傷の手当ては重要になります。

簡易な処置はできる装備を整えましょう。

薬(常備薬から頓服薬まで)

普段使っている薬を多めに持つ方もいます。
またカルテが使えない場合は、実薬をみて処方してもらうこともあるでしょう。

それ以外にも痛み止めや解熱剤はあっても困りません。

使い捨てカイロ

冬の震災では寒さは天敵です。
持続時間が10-14時間もつものなら、最低1日2枚あたりでしょうか。

嗜好品

知人の安否、いつ復旧するかもわからない状況ではストレスに悩まされます。
ご自身の好きなものを、防災セットに忍ばせてはいかがでしょうか。

小さな子供がいる場合(おむつ、お尻拭き、食料)

大人が使わないものは見落としがちになります。
子供の成長に合わせて備蓄を見直すのは大変ですが、是非とも揃えましょう。

体育館などに避難する場合

揺れの激しい地域や浸水予想地域では、決められた施設への避難が必要となります。

避難時には最低でも1日分をリュックにまとめておきましょう。

また、なるべく調理が必要とならない備蓄食料(アルファ米、乾パン)が便利です。
上記のもの以外に必要なものをピックアップしてみました。

リュックサック

災害用には30-40Lサイズが一般的です。
女性らしいデザインは、置き引きの対象となりやすいため避けましょう。

セキュリティポーチ

火事場泥棒という言葉がある通り、避難所での盗難は少なくありません。
現金や通帳などの貴重品は、文字通り肌身離さずみにつけておきましょう。

マスク

集団感染の可能性があります。
体力消費しますし、寝込んでしまう原因となるため多めに持っておきましょう。

耳栓

隣に座る人がイビキがすごい人かもわかりません。
睡眠の質を下げないよう準備しましょう。

アイマスク

特に暗闇でないと寝られない人は必要です。
消灯時間は決まっていると思いますが、あっても無駄にはなりません。

枕には空気で膨らますものや、低反発のものもあります。
予め寝心地は確かめておきましょう。

キャンプマット

避難所では硬い床や段ボールの上で寝ることになります。
キャンプ用のマットで体の負担を軽減できますし、座布団にもなりますよ。

毛布

支給される毛布が薄い場合は、寒さで寝られないこともあります。
寝袋があればもちろん良いですが、収納性からシュラフカバーだけでも暖かいです。

防災備蓄一式グッズであればまとまって売っているため、楽にそろえられますよ!

最後に

備蓄として必要なものをあげましたが、災害には他にも必要な備えがあります。

例えば家具が倒れないように突っ張り棒、窓ガラスに飛散防止フィルムを張るなどの工夫ができます。

少しの意識の差が、大きな差となるのが防災の備えだと思います。

使わないで済むのが一番ですね。

【快適な睡眠を】人気のWAQ フォールディングコット 寝られないキャンプを解決|インプレ 設営紹介キャンプで寝られない人は多いのではないでしょうか。 寝床が硬くて起きる、冬の寒い底冷え、夏は籠る熱気で暑いなどの睡眠事情を解決します!...