ロードバイク

【どこで買う?】Wiggleは破産した?日本で購入できない理由とは|次の自転車通販サイトは?

最大手の自転車通販オンラインサイト「Wiggle(ウィグル)」が支払不能状態・破産手続きをしました。
が、まだWiggleが解散してなくなるわけではありません。
しかし、Prime製品を含め日本でアイテムの買い物が終了しました。

なぜこんなんことに?
そして代わりになる通販オンラインサイトは?
販売が中止となったが、直前に買ったアイテムは届いていた?

販売終了となるギリギリ12月3日に購入したアイテムの状況を含めて報告します。

そもそもWiggleとは、自転車界を支える通販サイト

Wiggleは英国を拠点として、全世界に自転車を中心に展開する通販最大手サイトです。
楽天やAmazonとは異なるラインナップが揃っており、お世話になった方も多いでしょう。

また、Wiggleが独自に企画・開発を手がけた「Prime」。
「自主企画商品」であるプライベートブランドです。
これは開発コスト・仕入原価を抑えられ、仕入れ価格にマージンが付加されません。
そのため、安価で確かな技術が集約した自転車アイテムが手に入りました。

特にウェア類DHBやPrimeカーボンホイールは、高品質と安値で目を見張りました

Wilggleはまだ解散ではない・通販終了の背景

Wilggleは英国のみ配送に切り替えている。もはや英国以外の顧客に出荷することはなくなった。出典:Wilggle

事の発端は10月19日。
グループの筆頭株主であるオーストリアの億万長者が、支援を撤退したことによります。
これにより親グループは資金繰りの危機に瀕し、Wilggle事業は支払不能状態へ。

そして企業再生アドバイザリーとしてFRPに経営権を委託することに。
これによりWiggle事業は、継続企業として救済をうけることになりました。

つまり負債を抱える部門をどんどん削減します。
企業として存続できる道を模索することになります。
事業の縮小です。

その一つとして、全世界へのオンライン販売が含まれたのでしょう。
そしてもちろん日本も対象となり、購入ができなくなりました。
悲しいことですが、これが現実ですね。

いつの日か、またWilggleでアイテムが購入できるのを楽しみにしています。

ギリギリに購入したアイテムはどうなった?

さて、僕は日本で購入できなくなる直前の12月3日にビブタイツを購入しています。
(上段の栄養エナジードリンクは在庫がなくなり、買えませんでした。)

これは無事届いたのか。

はい、無事とどきました!

今思えばいつもより配達に時間がかかったのは、ゴタゴタの最中だからでしょうか。
これが最後のアイテムになるとは(泣)
もう買えないですが、この値段なのに裏起毛で一枚でかなり暖かいのですよ。

今買うならPEARL IZUMIのウインドブレイク ビブタイツでしょうか。
肩ヒモでないため、ビブタイツにある変人チックな外観がありません。
汗冷えもを考えて作成されたもので、5℃まで対応していますよ。

次の通販サイトは、ずばり「Bikeinn」がくる

自転車通販サイトとして有名な「チェーンリアクションサイクル」も販売を停止です。
では、どこで買えばいいのか。

ずばり、僕が次に自転車通販サイトでくると考えるのは「Bikeinn」です。

出典:Bikeinn

Bikeinnは、スペインのスポーツ用品を展開する「Tradeinnグループ」の自転車部門。
気になる商品数は3,0000点以上と豊富な品揃えです!

150国へ発送を行っており、注文は1日に2,5000件以上も取り扱っています。
Wilggleに負けず格安セールをしており、最大70%オフで買える時がありますよ。
あのコンチネンタルGrand Prix 5000が、この値段です!(2024/1現在)

出典:Bikeinn

昔はGoogle翻訳を無理やりかけて、なんとか購入していました。
ご覧の様に、現在は日本語対応しています。

種類が豊富で格安なので、日本通販サイトに難しいかゆい所に手が届くサイトです。
送料や関税は別途かかりますが、それを含めてもお得な値段が揃っています。

支払い方法は、クレジットカードやPAYPALを扱っています。
初めは抵抗感があるでしょうが、活用しない手はありません!

実際にBikeinnで買ってみた

とはいえ、海外のオンラインサイトは安心か不安ですよね。

僕は、実際にBikeinnで問題なく購入できています。

予定配達日に届かなかったのは、海外ご愛嬌でしょう(笑)

商品の状態は問題ありませんでした。
そしてクレジットカードに、謎の購入歴が増えることもありません。

買ったGOREジレは、ゴアテックス製なので防水・透湿性があります。
しかし背面はスッカスカのメッシュだったのは、僕のサーチ不足です(笑)

あのAmazonもアメリカの通販サイトです。

海外サイトだからと毛嫌いするのは良くないですよ。

最後に

Wilggleが日本での販売を停止したのは、サイクリストにとって大きな痛手でしょう。

Wilggleがまた戻ってくるまでは、僕らが自転車を続けて待つしかありません。

様々な格安サイトを見比べて、お財布に優しい自転車ライフを送りましょう!

https://survivalroad-sake.com/roadbike-start/1807/