ロードバイク

【お腹を冷やさない】冬ロードバイクにビブタイツを着ないと損!|ダサくなくトイレも快適アイテムも

ダサいといってビブタイツ・ビブショーツを避けているあなた。

とっっっても損していますよ!

今はダサくなく、トイレも快適に行ける画期的なビブタイツがあります!

冬ロードバイクの服装にオススメのビブタイツを、メリット・デメリットを紹介します。

【初心者】自転車・ロードバイクを趣味で始める魅力を紹介|痩せるし一生楽しめる欧米で人気の自転車・ロードバイクを趣味でやりたい、けど初心者には難しい? いいえ、僕は高齢で初めての有酸素運動として始めた方を知ってい...

ビブタイツ・ビブショーツのメリット・デメリット

初心者が履くサイクルパンツとの大きな違いは、どこまで覆っているかです。

ビブタイツ・ビブショーツは、肩まで覆っているのが特徴的ですね。

ビブタイツの奇抜な外見

ビブショーツ・ビブタイツを避ける人として、その奇抜な外見があるでしょう。

Queen?プロレスラー?

いいえ、自転車用の服装です。

これだけで外を歩くことはできませんね(笑)

プロがビブショーツを履く理由は、外見以上のメリットがあるからです。
奇抜といっても上からジャージを羽織るので、ライド中に目立つことはありません。

ちなみにパールイズミ製はヒモ型でなく、シャツのように覆うので全く恥ずかしくないですよ!

ビブタイツはお腹への圧迫感がない


サイクルパンツはズリ落ちないよう、ウエストのゴムで抑えています。
ゴムはかなり強力なので、高強度の練習中や食事後にはお腹が苦しくなりやすいです。
脱いだらお腹にゴム跡もつきますね。

ビブショーツ・ビブタイツはズリ落ちないよう、肩ヒモで抑えています。
お腹を押さえることがないため、ライド中はか・な・り快適ですよ!
ただでさえキツい時に、お腹を抑えられることがありません。

ビブタイツはトイレでひと手間いる

トイレでは一手間いります。
サイクリングパンツは、ズボンの様にズリ下ろせば用が足せます。

しかし、ビブタイツは胸辺りまで覆っています。
そのため男性の小であればなんとか足せますが、座っての作業となると大変です。

とはいえライドではトイレの一手間よりも、ライド中の快適さが大切だと僕は思います!

ビブタイツは、ライド中にお腹や背中がでない

サイクリングパンツはジャージ裾が短く、お腹や背中が露出していまいがちです。
特に集団ライドではトレインを組むため、背中が気になって集中できませんね。

ビブショーツ・ビブタイツは、胸辺りまで覆っています。
同じく背中も同じ辺りまで覆っています。

つまりライド中に、恥ずかしい背中がピロリすることがありません(笑)

お腹に隙間風が入らないので、お腹を冷やしやすい人に最適です!

ビブタイツは日焼けしない、体力を消耗しない

意外と日焼けを気にしない方が多いと思います。

しかし、長期ライドでは確実に日焼け・紫外線で体力が削られます

足は腕よりも表面積が大きいため、覆うことによるメリットはあります。

パールイズミの「コールド シェイド ビブ タイツ」は、夏にも使えるビブタイツですよ!

コールド シェイド ビブ タイツ (PEARL IZUMI)

 

太陽光を反射し、内部の温度上昇を抑えます。

なんとUPF値50+と最高値です!
これは素肌に比べて、50倍の時間に日差しを浴びないと日焼けしないことを意味します。

速乾性もあり快適な着心地で、僕も夏に愛用しています!

オススメな人気ビブタイツを紹介

パールイズミ商品は日本人向けのサイズのため、こちらがオススメです。

ビブタイツが初めての方は、店舗で一度試着してみて下さい。

ウィンドブレーク クイック ビブ タイツ(PEARL IZUMI)

対応温度:5℃
通常のビブタイツと比べ、上半身も覆い保温効果が高いです。
もちろん一枚で防風透湿がついて、保温効果まであります!

外観も格好良く、これなら抵抗なく着れますね!

裾ファスナーでお腹のところで分けられ、トイレが快適になります!

冬到来した10℃前後では寒さを感じませんよ。

ウィンドブレーク クイック ビブ サーモ タイツ(PEARL IZUMI)

対応温度:0℃
さらに厳冬期にも対応できるアイテム!
ウィンドブレーク®とスーパーサーマフリース®プラスの二重構造で保温性UP!

こちらも裾ファスナーでトイレでも安心!

上半身の装備も強化できるのが良いですね。

しかし背面は速乾性にメッシュのため、止まった時はちょっと寒いです。

ウインドシールドタイツEVO(MAPELMUUR)

対応温度:0-10℃
オシャレなカペルミュールより、レーシング向けのアイテムがでました。
膝より下は風を受ける前面には防風耐水フィルムで、快適なライドをサポート!
太ももは全面を防風耐水仕様のため、汗冷えがしやすいようです。

VERTEX ビブタイツ(SHIMANO)

対応温度:10-15℃
シマノのアイテムで、シワになりにくいです。
再生ポリアミドを84%使用し、保温性能と速乾性能を両立しています。

ヨーロッパ向けの型枠のため、日本人では肩が窮屈な方もいます。

またパットは上級者向けで薄く、初心者が初めて選ぶのは避けましょう。

最後に

僕はライド中にお腹を冷やしやすいです。

ビブタイツをしたら幾分かマシになりました!

みなさんも外観にとらわれず、快適なライドを楽しみましょう!

【見栄え】ロードバイクでこだわりの個性でカスタムするアイテム23種類を紹介【アップグレード】自分のロードバイクを、もっともっと格好良くグレードアップしたい。 そんな方に初めてのカスタムで後悔しないワンポイントも含め、アイテム紹...